私のところにはイップスが改善しないと、長年悩んだ末に相談に来られる方がたくさんおられます。
今月だけでも、アスリートからの新規の相談依頼のうち3件がイップスを改善したいというものです。

数年間イップスで悩んでいるという方たちは、決して私のところに来るまで放置しておられたわけではありません。
もちろん、イップスの相談に来たのはAXIAが初めてだという方もおられますが、大半は他のところに相談に行ったことがある方達です。

 

他のところでどんな改善方法を取っていたのかと、これまでの経過を踏まえてサポートするために質問させて頂くのですが、その中で多い
のが催眠療法を行っていたというケースです。

なぜ、イップスと催眠関係あるのかと思われる方もおられると思いますが、イップスの原理を考えると催眠療法で改善すると考える専門家が
いても不思議ではありません。
AXIAでは、私が催眠療法ができないということもありますが、催眠療法では改善するケースがないとは言えませんが、多くのケースで
イップスを改善することは難しいのではないかと考えているので、別のアプローチで改善を目指します。

 

では、なぜイップスの改善で催眠療法がおこなわれることがあるのかというと、それはイップスが一種の暗示によって起きている問題だと
いう側面があるからです。
そのため、暗示を解いて自分は大丈夫だという別の暗示によってイップスの症状が出ないようにしようと催眠療法でイップスの改善を行う
専門家がおられるのだと思います。

ただ、暗示というのはイップスを構成する要素の1つなので、暗示という点にだけアプローチしても改善が不十分で再発したり、催眠療法
を受けた後に変化が全く感じられないということもあるのだと思います。

 

催眠療法を用いている方が、暗示という側面だけでなく脳科学的、医学的な観点からのアプローチも一緒に行っているのなら改善に至る
ケースも多いと思いますが、相談に来られている方からはそういったアプローチをしてもらったという話は聞かないので、少なくとも私
のところに相談に来られている方は催眠療法だけでは改善が見られなかったのだと思います。
もしかしたら、催眠療法でイップスをしっかり改善しておられる専門家もおられるかもしれません。

イップスがなかなか改善しないという方は、イップスというものへの理解が深まり、改善だけでなく再発防止も踏まえたアプローチを
してもらえる専門家に相談することが大切です。

 

イップスの相談はこちら

 

メンタル強化のためのメンタルトレーナーが作った練習日誌。

mntl