アスリートがイップスのを治したいと相談に来られた時、治したいという思いを持っているのと同時にもう治らないのではないかという
ことも思っておられます。
人によっては、何年も努力をしてもイップスが改善しなかったため、もう治らないという思いが強くなってしまうこともあるのです。

そのため、例えばピッチャーの投球イップスだとしたら、投球をする時のイメージはイップスによる暴投を投げているイメージしか
浮かばなくなってしまっています。

 

本人の意識レベルでは、ストライクゾーンや狙ったところに投げようという意思は持っているのですが、それ以上にイップスによって
暴投をすることへの不安と恐怖があるため、頭の中では『暴投をしてはいけない』という思いを自分に言い聞かせています。

しかし、この心の中で自分に言い聞かせている言葉がイップスの改善を妨げてしまうものなのです。

 

それは、人間の脳で文章化したものは、イメージに変換されて動作の手掛かりとさせれるのですが、動作を起こすためにイメージを
保持している脳の部位は主語や述語を正しく理解することができません。
そのため、『暴投をしてはいけない』という文章から、暴投という名刺を切り取って暴投しているイメージを形成して動作の手がかり
にしてしまいます。
そのため、イメージ通りに暴投をしてしまうのです。

 

この意識とイメージの関係によって暴投という動作が引き起こされてしまうことがイップスが改善されない理由の一つなのです。
イップスが技術の低下ではなく、メンタルの問題だという理由も暴投のイメージ形成と動作の関係がイップスを引き起こす原因
だからです。

そのため、イップスの改善にはイップスの仕組みを理解したメンタルトレーナーにメンタルトレーニングの指導を受けることが
望ましいのです

 

AXIAのメンタルトレーニングでは、上記のようなイップスの改善を妨げるイメージを克服するための方法をお伝えしています。

 

イップスの相談はこちら

 

メンタル強化のためのメンタルトレーナーが作った練習日誌。

mntl