昨日、今日とサポートをしている東洋大姫路剣道部の兵庫県高等学校新人大会の応援に行ってきました。

男子は、決勝リーグで育英高校に敗れ2位でしたが、今年は全国選抜大会に兵庫県代表が2チーム出場
できるという条件だったため、全国大会出場の切符をつかむことができました。

 

生徒たちも指導陣も1位での全国出場を目指していますが、生徒たちには一旦は喜びをかしめることと
全国への出場権を勝ち取ったということを自信にしてほしいと思います。

女子は残念ながら準々決勝で敗れてしまいました。
本人たちは、全国大会出場を目指していたので負けたことはつらいと思いますが、明確になった課題を
受け止めて、夏のインターハイ出場を目標に頑張ってほしいと思います。

 

 

 

競技力を向上させる成長と発達

今日の記事は、上記の剣道部のように競技力向上を目指して取り組む時に意識した方がいいことに
ついて説明したいと思います。

スポーツにおける競技力の向上について、成長と発達という観点から考えることができます。

成長とは、人間が年齢を重ねたり、トレーニングを続けるなど一定の条件のもとで、体が大きく
なる、筋力が増加するといった総量が増えることを言います。

発達とは、トレーニングや試合経験などの学習によって技を覚えたり、より効率よく動くコツを
体得したり、スピードへの慣れ、距離感の見極めなど、機能を獲得することを言います。

 

現在の自分の競技力を分析した時、成長によって得られた力と発達によって得られた力のバランス
を自覚したり、どちらの力を向上させることが必要なのかを見極めることが大切です。
成長と発達の違いを意識するだけでも自分の課題と取り組むべき内容が見えてくるので、競技力を
成長と発達という観点から分析してみて下さい。

 

競技別、成長と発達の重要性

成長による力の獲得が結果に影響しやすい競技

陸上競技、水泳、ウエイトリフティング、スピードスケートなど、身長、筋力、肺活量、持久力
などが結果に影響しやすい競技。

 

発達による力の獲得が結果に影響しやすい競技

モーターレース、アーチェリーや弓道、カーリング、スピードスケートなど、道具、感覚、感性
などが結果に影響しやすい競技。

 

大きく2つに分けてみましたが、上記の競技にも反対の要素が必要ですし、ほとんどの競技は
成長による能力向上も発達による機能獲得もバランスよく行っていくことが望まれています。

自分のやっている競技は、成長と発達がどのように影響しているかを考えてみて、競技力向上に
活かして下さい。

 

 

私も東洋大姫路剣道部の今後に向けて、メンタルトレーナーとして上記を踏まえた提案をして
いこうと思います。
ここでは書けませんが、成長と発達のどちらが実力を支えているのかは明確なので、何を補う
べきかもはっきりしているので、全国大会に向けて、夏のインターハイ予選に向けてサポート
していきたいと思います。

 

 

 

ブログランキングに参加しています。 いつも応援のクリックをして頂きありがとうございます(^^)
にほんブログ村 その他スポーツブログ トレーニングへ