7人制ラグビー

7人制ラグビー寺田明日香選手 スーツ

寺田明日香|Asuka Terada

1990年1月14日生まれ
北海道札幌市出身

2013年に陸上選手としては現役を引退。
結婚・出産を経て、2016年夏に7人制ラグビー
の選手として現役復帰。
東京オリンピックを目指し活動中。

寺田明日香オフィシャルサイト

実績
陸上選手時代
・100mハードル日本ジュニア記録(13秒05=2009年世界ジュニアランキング1位)
・100mハードル日本高校記録(13秒39)

 

インタビュー

メンタル、ビジョン、セカンドキャリアをテーマにお話を聴かせて頂いております。

 

Q1 メンタル面の強化、ケアの必要性を感じたことはありますか?

メンタル強化については、思うような結果が出なかったときや、怪我をしてしまった場合に、モチベーション持続
の方法として、メンタル強化が必要だと感じました。
また、競技転向(復帰)に際し、競技によるプレー時の緊張度の違いに対応するため、メンタルトレーニングや
メンタルの作り方・持続の仕方に関する知識が必要だと思いました。

メンタルケアとしては、疲労や不安によって、トレーニングに集中しきれないこともあり、メンタル面での疲れを
どのようにとっていくかを知る必要があると感じています。
冷静にプレーをするためには、メンタル面でのフレッシュさが重要であると感じているので、自分に合うメンタルケア
を見つけて実行していく必要があると思っています。

Q2 どのようなビジョンを持って競技生活をしていますか?

最大目標は、2020年東京オリンピックでのメダル獲得ですが、年単位・月単位でやるべきことややらなければ
ならないことをイメージしてトレーニングを行っています。
自分の強み・弱みを主観的・客観的に理解をして、自分の能力を活かせるプレー・自分がやりたいプレーをイメージ
して取り組んでいます。

Q3 セカンドキャリアのビジョンを教えて下さい?

セカンドキャリアは、スポーツ・アスリートに関わる仕事をしたいと考えているので、引退後を見据えて必要な
資格取得や、能力を身に付けられるような取り組みを行っています。
ただ、具体的な業務内容を決めている訳ではないので、他の分野の仕事も学びながら興味の幅を広げている最中です。

メッセージ


Photo by minamishizuka

「ママさんアスリート」、「日本代表→日本代表での競技転向」は、
日本ではあまり例をみないため、より多くの方に活動を知って頂き、
アスリートを取り巻く環境の改善や、アスリート自身の可能性を
広げられたらと思っています。
また、実業団選手やプロアスリートであっても、進学や資格取得
などは可能なので、引退後のセカンドキャリアを見据えた生活を
送ることが必要だと思っています。

寺田明日香選手の魅力

サポートさせて頂いている中で感じる寺田選手のメンタル的な強みは、明るく
ポジティブに物事に取り組めるところと冷静で現状をしっかり分析して素早く
決断できる思考を併せ持っているところだと感じています。
陸上選手時代の経験や結婚、出産、育児の経験から、本来持っておられる
ひたむきさに柔軟さがプラスされているように思います。

寺田選手のプレーの魅力は、ご本人のためだけの時間であるかのように
フィールドを駆け抜けるスピードです。
是非、7人制ラグビーの寺田明日香選手に注目てい頂きたいと思います。