私のところにもパフォーマンスが低下しているということが気になって
相談に来る方がおられますが、多くの場合は最初は技術的なことが問題
だと思って、フォームや動作の改善を試みた上で改善できなかったと
いうことでコーチングを受けてみようと思うようです。

それで話をよく聴いていると、パフォーマンスの低下は技術的なことが
原因でないケースが多いということがわかります。

技術的なことが要因でないとすると、心理的要因がパフォーマンの低下
を引き起こしている可能性があるのですが、現在パフォーマンスが低下
していると感じている方は、下記のような理由が考えられないか想像
してみてください。

・ストレスによる精神疲労
・精神疲労や考え過ぎによる視線のズレ
・他人の評価を気にすることによる過緊張
・過度に失敗を意識してしまう状態

 

スポーツのパフォーマンスは、外部から受け取った情報を脳が処理して、
神経、筋肉への命令がいかにスムーズに行われるかで質が決まるので、
メンタル面の向上はもちろん、精神状態の安定や回復に関する取り組み
も必要です。

そういう意識を持っていると、パフォーマンスが低下した時に調子を
取り戻すための遠回りをしなくて済むようになるので、上記に書いて
あることを頭に入れておいていただければと思います。