練習日誌というメンタル強化方法

スポーツの世界はもちろん、ビジネスの世界でも自分の掲げた目的を達いしている人たちの中には、日誌をつけている人がおられます。
では、なぜ成功者たちは日誌をつけることを習慣にしているのでしょうか?
それは、日誌を書くことで得られる下記のような効果があるからではないかと考えています。

 

日誌に書くことで得られるもの

・自分が抱えている問題に気づくことができる(問題発見能力の向上)
・現状を過去の出来事などを参考に分析することができる(分析力の向上)
・問題を解決するために何をすべきか考え、実行する力がつく(問題解決能力の向上)
・調子の回復、パフォーマンスの修正能力が身につく(持続性、再現性の向上)
・現実を受け止め、挑戦する思考パターンが身につく(思考力の成長)
・自分の取り組みを自覚して、自分を導く力が身につく(セルフコーチング)
・意識的に始めた望ましい行動を無意識に継続できるようになる(望ましい行動の習慣化)

 

練習日誌をつけてライバルと差をつける

スポーツで結果を残すためには、試合で競うことになるであろう選手たちと差をつける必要が出てきます。
その差をつけるための取り組みとして、練習日誌をつけることは有効です。
練習日誌をつけることは、ライバルよりも自分の実力を発揮するための感覚、考え方の成長、結果を次の試合に生かす洞察力、分析力の
向上が期待できます

スポーツの勝敗を左右する要素としてフィジカルやスキルは重要ですが、それらをどう使うかという司令塔はメンタルであるため、
それを鍛える習慣を取り入れることがライバルに差をつけることにつながるのです。

メンタルが強化される練習日誌
メンタルノート

私が練習日誌をつけることを提案している理由の一つに、最終的には自ら自分自身のメンタルトレーナーになることが望ましいからです。
しっかりと自分と向き合い、考えることをすれば、自分のことを一番理解しているのは自分自身になるでしょう。

試合に向けてのコンディション調整、試合前の緊張のコントロール、試合の振り返りなど、それらの質を上げるためにはアスリートとして
の精神的な成熟が必要となります。
練習日誌をつけることは、内容を書くために振り返り、考えることが必要で、それは自分自身との対話を行うことでもあるので、継続する
ことによって自問自答の質が向上します。
上手に自問自答できるということは、目的達成のために自分の力で道を切り開らいていく力があるということです。
自分に問い掛け、自分のとって最良の答えを導き出せる力を練習日誌は培ってくれます。

ここで紹介しているメンタルノートは、スポーツのメンタル強化のために作成した練習日誌です。
スポーツで向上するためには、明確な目的、目標の設定、目的達成のイメージの明確化、自己分析と成長のための計画、そして実行です。
メンタルノートは、アスリートとしての自分を管理して、目的達成を目指すためのノートです。

 
 
 

スポーツの練習日誌
スポーツの練習日誌

料金設定

  • 1冊  864円
  • 送料 数量により異なる

3つのお支払方法

  • クレジットカード
  • 翌月後払い
    Paidyを利用した方法)
  • 銀行振込
    振込後、商品発送
メンタルノートをご購入された方へ
使い方など、疑問があればこちらへ
お問い合わせ下さい。
06-6809-3998

 
 

メンタルノートの内容公開

主な内容

・目的、目標設定
・目的達成と自己成長のイメージ設定
・週間記録の記載
・日記(スケジュール、取り組み、心身の状態、トレーニング記録)
・メンタルトレーニングの説明

目的、目標設定

目的が決まれば、行動が決まる

メンタルノートは、まず目的、目標設定を明確にします。
絶対に達成したい目的と、そのためにクリアしなければ
ならない通過点、課題を目標として設定します。

また明確な意識づけ、モチベーションを上げることば、
チームの共通認識などをキーワードとして設定します。

そして、目標をクリアするために取り組むべきことを
決定して、取り組みの継続度合いをチェックしていきます。

イメージの明確化

目的達成の自己イメージが確立できる

目的が明確になったら、その目的を達成した時や達成
するまでを想像して、目的達成時の自己イメージを
明確にします。

このイメージの明確化は、自分がどのような人間に
なっていくのか、どのような人にサポートを受け、
誰に影響を与え、目的達成まで歩んでいくのかという
行動の指針になるものですので、自己イメージを
明確化している時に自分の気持ちが高揚するようで
あれば、良いイメージ設定ができたと思って下さい。

心からなりたい自己イメージ、自分の未来にワクワク
するストーリー設定は、あなたの意識と行動の質を
高めてくれるのです。

コンディション管理

コンディショニング能力が身につく

スポーツは、大切な試合ピークパフォーマンスを発揮
できるように自分のコンディションを調整することが
求められます。

コンディションの調整は、フィジカルトレーナーや
栄養士などの専門家のサポートを受けることもあり
ますが、やはり自分自身がコンディションを良く
しようという意識を持って取り組むことが必要です。

そのためには、大切な試合の数日前から取り組む
のでなく、日頃から自分の状態をチェックしておいて、
自分の体のクセを知っておくことが重要です。

習慣記録は、一週間を振り返って自分の調子を自覚
するための項目です。
記録をつけること、記録を振り返って確認すること
で自分のコンディションの傾向を知ることができます。

また日記と重ねて見ることで、どのような出来事が
あった時、コンディションがどのように変化したかも
確認することができます。

日誌

日記を書いて潜在意識を強化する

メンタルノートを書く際に重要なことは、
日記を書く前に目的、目標設定、イメージ、習慣記録
のページを見るということです。

日記を書く際に、自分の目的、目標を確認して、目的を
達成するイメージをして気持ちを高める、そして習慣記録
で自分を冷静に振り返る、ということを習慣化することは、
潜在意識に目的に沿って生きていることを自覚させます。

別の言い方をすれば、
日記をつける時に自分が何者なのかを再確認するという
ことです。

日記にはあなたの取り組みが詳細に記録されます。
それを振り返って見ることは、自信の構築にもつながります。
良い自己イメージを作るのも、自信を高めるのも、自分自身
が継続した日々の習慣です。
メンタルノートを記録する習慣は、あなたの目的達成の土台
となります。