スポーツコーチングの依頼やメンタルトレーニングの依頼は、試合の1週間前など、試合の直前に相談に来られる方が
多く、その傾向は学生アスリートの方が顕著です。

相談に来られる理由は、緊張して力が発揮できない試合が続いているというものが多いのですが、試合の1週間前だと
克服することは容易ではありません。

 

緊張して力が出せないというのは、緊張しているからではなく、緊張による身体反応をコントロールできていないこと
と緊張することは良くないと思っている認識のせいです。
緊張に関する認識は、コーチングによって比較的簡単に変えることができるのですが、コントロールする方法は簡単に
身に着きません。

緊張状態のコントロール方法を修得することは、メンタルトレーニングで可能なのですが、トレーニングというだけ
あってコントロール方法は何度も練習をして体に覚え込ませて頂く必要があるので、試合の1週間前から身に付ける
ことは難しいのです。

 

コーチング、メンタルトレーニングの上手な利用の仕方は、自分の目的を自覚しているのなら、目的となる大会の
数年前、少なくとも半年前くらいから取り組むということです。
スキルやフィジカルを強化することに時間が掛かるように、考え方や脳の反応パターンを変えていくということは
時間が必要なのです。

 

競技生活でメンタルトレーニングが必要だと感じておられる方は、自分の目的を明確化して計画的にメンタルトレ
ーニングを活用して下さい。

 

 

 

 

b-sikaku-f2