先日は、東洋大姫路の剣道部へのメンタルトレーニング指導に行ってきました。

11月にあった全国高等学校剣道選抜大会の予選の敗戦を踏まえて、インターハイ出場のために必要な
剣道の意識や技術をメンタルトレーニングを応用して身に付けるための方法を伝えに行ってきました。

剣道の動きの中にメンタルトレーニングとしての意識の持ち方、体の動かし方を取り入れたのですが、
高校生には意図をよく理解して継続して欲しいと思います。

 

動画で、そのトレーニングの様子をアップしていますが、一見するとただ剣道の技術を身に付けるため
の稽古を行っているように映ると思います。
しかし、剣道の動作にあるノウハウを取り入れることでメンタルトレーニングとしての稽古になっています。
残念ながら行っていることのノウハウまではお伝えすることができませんが・・・。

 

私の仕事は、通常のメンタルトレーニングを提案するだけでなく、競技の動作を行いつつもメンタル的
な要素が向上するトレーニングを考案して提案することも含まれています。

夏のインターハイ予選までに、トレーニングの意図をよく理解して勝つための要素を一つでも多く増やして
欲しいと思います。

 

 

===============================================
『視る力』、『予測する力』を強化してくれるメガネ
トップアスリートもトレーニングに導入しています

動体視力、予測力向上メガネ

===============================================