明けましておめでとうございます。
旧年中はお世話になりました。
今年もよろしくお願いいたします。

 

昨年はメンタルトレーナーとしては新しいサポートのご依頼をいただき充実した1年を過ごすことが
できました。
今年も既に新しいチャレンジをしていくことが決まっているので、質の高いサポートができるように
研鑽を積んでいきたいと思います。

 

今はお正月休みで実家でのんびりしているのですが、偶然メンタルトレーニングに活用できそうな
便利なものを見つけました。

スポーツは、ワーキングメモリと言って行動を起こしている時に、その行動を正確に行って行動の
目的を達成するための記憶、記憶の保存機能のことを言います。

スポーツは、目の前で状況が変化し続けるので、ワーキングメモリがしっかりと働いていることが
パフォーマンスの質を高めるために必要な条件となります。
メンタルトレーニングには、いくつかの目的がありますがワーキングメモリを鍛えることも目的
の一つです。

 

ワーキングメモリを鍛えるのは、短い時間に記憶を保持しながら作業をするということを何度も
繰り返せばいいのですが、それが可能なツールを見つけたのです。

そのツールは、ゲームロボット50です。
これは、音、光を頼りに簡単なボタン操作だけで進めていくゲームなんですが、50種類のゲーム
が内蔵されていて、音感、記憶力、判断力、推理力、瞬発力、計算力などを鍛えることができます。
あとは、運だめしのゲームも入っています。

 

ゲームロボット50

 

 

 

内蔵されているゲームの多くが、ワーキングメモリを鍛えられるので、メンタルトレーニングに
としても活用できます。
メンタルトレーニングは、フロー状態という精神状態を体験することも目的としているのですが、
その条件は、今行っていることに集中できる環境、自分の能力に合わせた難易度のものに取り組む、
自己効力感が高まる成功体験を得られる、フィードバックが早い、
というものがあり紹介している
ゲームにはその条件が当てはまります。

 

ワーキングメモリを鍛えること自体は、結構単純で簡単なトレーニングでも可能なので、自宅でも鍛える
ことが可能です。
その手段の方法の一つとして、上記で紹介しているゲームロボット50は有効だと思います。

自分が専門とする競技の中で、どのような場面でワーキングメモリの働きが必要かなどをイメージしながら
メンタルトレーニングをしていただければ、競技に反映されるのでどのようにパフォーマンスを高めたいか
目的意識を持ってメンタルトレーニングを行ってみて下さい。

 

※下記は、ゲームロボットには、内蔵されているゲームが25種類のゲームロボット25もあるみたいです。

ゲームロボット25