マインドフルネスという言葉を聴いたことがありますか?

最近、Googleでも社員研修として取り入れているようですが、マインドフルネスというのは
『今、に意識を集中している状態であり、その状態を再現できるようになるための方法』
のことだと私は解釈しています。

広い意味では、洞察、気づき、覚醒、放心、瞑想などがマインドフルネスを表現する言葉として
当てはまるようですが、あえてマインドフルネスというものに注目して、企業が取り組んでいる
という点を考えると、仕事や健康維持などに効果のあるものとしての意味合いが当てはまるのでは
ないかと思います。

 

『今、に意識を集中している状態』ということは、ビジネスだけでなくスポーツなどにも活かす
ことのできるもので、メンタルトレーニングと言われているものはマインドフルネスという状態
になるための方法でもあります。

マインドフルネスは、仏教、ヨガなどとも関係があり、突き詰めていくと奥深いものですが、
企業が業績の向上や社員の健康促進のために取り入れようとしているのは、とてもシンプルな
方法によって体得できるものだからだと思います。

 

マインドフルネスが、メンタルトレーニングがという解釈もできるなら、企業が取り組む価値
のあるものなのではないでしょうか。
こちらは過去にカウンセリングブログに書いたマインドフルネスの記事です。

マインドフルネスに関するブログ記事