スポーツをしている人なら、これまでにやたらと集中することができて、やることが全てうまくいく
ような感覚になったことがあると思います。
しかし、それはいくつかの条件が重なって、意思とは関係なしに生まれたじょうたいであるため、
再現することが難しいのです。

良いパフォーマンスを発揮するための状態というものは確かにあって、過去にそれを体験したこと
もあるのに、同じような状態で試合に臨めたことはないという方も多いのではないでしょうか。

一度は、体がスムーズに動き、相手やボールの動きは良く見えた状態で、不安や躊躇もなくプレー
ができたことがあるのに、同じような状態を再現することが難しいのはなぜか・・・。

 

その答えは、人間の脳の構造にあります。
人間の脳は、より首に近い場所ほど生命を維持するために重要な働きをしていて、無意識に体を
動かしてくれる役目をに立っています。

次に、中心の方には情動と言って、刺激に対する反応として生まれる心の働きをになっている
部分があります。
脳は刺激を受けると情動が生まれて、その情動を快か不快か感じ分け感情、そして思考が働きます。

脳の前方の前頭前野という部分は、生まれてきた脳の中心部で生まれた情動、感情を受け止めて、
どう行動すべきかという思考、判断を働かせる役目をに立っています。

 

このように、脳は無意識の働きとして呼吸や血液の循環、発汗などの生命維持活動、情動や感情
の発生を行うのと同時に、人間の場合は意識的な思考も他の動物よりも強く働きます。

そのため、直感だけで行動するということは少なくなります。
特に、普通の日常生活では、直感よりも過去の経験などをもとに理性的に行動することが多い
ので、理性を働かせて行動するということの方に慣れていきます。

人間は他の動物と比べて脳が発達したことによって、情動や感情をコントロールする能力が高いの
ですが、スポーツで勝敗を競う時にあまりにも強くコントロールが働いてしまうとパフォーマンス
が落ちてしまうのです。

 

自分の力を発揮できたと感じた時は、目の前の現実に素早く対処するための緊張感を持ちつつも、
適度な思考力が働いていて、自分が直感的に選択しようとする行動にブレーキを掛けない状態
だったのだと考えられます。

あの時の力を発揮できればというのは、上記のような状態を再現することになるのですが、その
ためのトレーニングがメンタルトレーニングなのです。

メンタルトレーニングをしたからと言って、簡単に良いパフォーマンスが発揮できる心理状態
が作れるわけではありませんが、トレーニングをすることで再現する力は身に着くし、全く同じ
ように再現できなくても、それに近い状態は作れる頻度が高くなります。

 
力を発揮できた時の感覚を覚えているという方は、その感覚を覚えているうちにメンタルトレー
ニングを導入してみることをおすすめします。

 

 

 

axiaincb