今回の記事は、東洋大姫路剣道部のメンタルトレーニングについてです。

ずっとメンタルトレーニングとして継続してもらっているIMトレーニングというものがあるのですが、
そのトレーニングに剣道の動きを導入してみました。

 

動画のようにして、音の発生に合わせてマットを踏むのですが、剣道の構えと同じように右足前、
左足を後ろにして、音の発生と同時に右足を軽く踏み込んでいます。
(本当は、もう少し左の踵を浮かせる必要があります。)

このようにすると、ただ足を出すのではなく、タイミングを取って足を出すというクセが身につく、
そのタイミングの精度があがる、そして右足を前に出す際に溜めが作れるようになる、という
効果があります。

 

上の写真は、トレーニングを行った際のスコアです。
一番上のMS AVg 58 というのが一番重視する数字なのですが、これは音の発生と足でマット
を踏んだタイミングのズレの平均値です。
58/1000秒ずれているという結果です。

東洋大姫路の学生は、IMトレーニングに慣れてきているので通常よりも難しい設定で行っている
ので数値は以前より落ちています。

 

この方法で行い始めて1カ月くらいたつのですが、剣道にどのように影響してるか確認していき
たいと思います。

 

 

ブログランキングに参加しています。 いつも応援のクリックをして頂きありがとうございます(^^)
にほんブログ村 その他スポーツブログ トレーニングへ