今日はイメージトレーニングとイメージの内容について書いています。

イメージトレーニングをする際に試合の状況をイメージする場合には、試合中に自分の視野で
捉えている状況をイメージ化して下さい。

 

自分の試合や他人の試合を参考にしてイメージ作りをすることは、試合を客観的な視点から
見ている映像が視野を通じ脳に入ってきます。
これは、自分の動きを作ることやサッカーやバスケ、アメフト、ラグビーなど複数の選手が
入り乱れて広いスペースを使って行う競技の場合は有効な視点なのですが、1対1の対人競技
の場合は、自分の視野の範囲で起きていることに瞬時に対応する必要があるため、視野の中で
起きる状況を予測する力を養うイメージトレーニングが必要となります。

 

格闘系の競技はもちろん、多くの球技でも1対1の場面では、視野に移っていないところで
起きていることへの予測と同時に目の前で起きるであろうことに予測をはたらかせる必要が
あります。

そのため、イメージトレーニングをする際は、試合中に自分の視野でとらえている内容を
イメージして試合に向けての準備をして下さい。

 

 

ブログランキングに参加しています。 いつも応援のクリックをして頂きありがとうございます(^^)
にほんブログ村 その他スポーツブログ トレーニングへ