私が行っているアスリートのメンタルサポートはどのようなことを意識している
のかについて書きたいと思います。
メンタルサポートと言っても、相談内容はさまざまなのですが、やはり現役の
アスリートが求めているものはベストパフォーマンスを出したいということです。

ただ、このベストパフォーマンスは、心身ともに充実している時にだせるものは
もちろん、身体的な疲れ、不安を抱えていてもメンタル面でカバーして結果に
つなげるというものも含みます。
それは、メンタル面の真価は自分の能力を引き出すというだけでなく、不利な
状況や条件で力は十分に出せていなくても結果を引き寄せる強さも持ち合わせて
いる状態だと思うからです。

まさに自分の能力を十分に発揮するベストパフォーマンスと、不利な条件下の
中でも結果は掴み取るベストパフォーマンスを生み出すサポートがAXIAの
コーチングとメンタルトレーニングで目指しているものです。

コーチングとメンタルトレーニングをどう使い分けてサポートをしているのかを
下記で説明しているのでご覧下さい。

 

ベストパフォーマンスを生み出す2つのアプローチ

習慣の確立
実力を向上させる、求める結果に近づいていくためのスキルやフィジカル
のトレーニングというものは1つの習慣です。
アスリートであれば、実力があるほどにその土台となるトレーニングが
習慣化されています。

ただ、高いレベルで競い合うようになるほどに、そのトレーニングの習慣
は誰もが持っているものであるため、その中で結果を出していくためには
習慣の質を向上させていくことが必要になります。
そのためアプローチがスポーツコーチングで、アスリートとしての習慣を
支える考え方の確立や知識の獲得、コミュニケーション能力や自己洞察力
の向上などを目指して進めていきます。

コーチングは試合などの本番よりも、それまでの過程の質を上げるための
取り組みです。

 

五感で感じている現実に反応する力を高める
試合では、いかに今に集中する力を高めるかということが大切です。
不安や迷いはパフォーマンスを低下させるのですが、それは過去と未来
への意識から生じます。
過去に対戦した相手、成績が出せなかった場所だから不安になったり、
結果が出せなければどうしようと未来に意識を向けると判断に迷いが生じ
たりします。

そのため、勝負事ではいかに今に意識を集中させて、五感で感じている
現実に対して反応をするという精度を高めることが大切です。
AXIAでは、今に意識を集中する力を養うためにメンタルトレーニング
を行っています。

スキルやフィジカルを向上させるのと同じように、メンタルもトレーニング
という形で継続した取り組みが必要なのです。