前回は、イップスが再発するのは、イップスのメカニズムを理解した上で改善する
ことができていないことが原因だということを書きました。
前回の記事はこちら

今回は、イップスを改善するために私が行っているアドバイスとイップスが再発
する理由について書きたいと思います。

私がイップスを改善したいという方に行っているアドバイスの一つが、ボール、バット、ラケットなど
道具と自分自身の身体の軌道をイメージするということ伝えています。
ボールなら投げたり、蹴ったりした後の軌道で、バットやラケットなどは先端が通る軌道です。

なぜ、軌道をイメージすることが大切かというと、人間の脳は何も考えない、何も気にしないという
ことができないからです。

イップスになると周囲の人から受けるアドバイスは、
「何も余計なことは考えるな」
「思い切ってやればいい」
というようなものなのですが、イップスになった時に、症状が出ることを考えないようにしようと
すると、脳内では余計にそのプレーを行っているイメージが強くなっている可能性があります。
そのため、身体がそのイメージに合わせて動いてしまうのです。

 

イップスを改善するためには、余計なことを考えないようにするのではなく、イメージすべきことを
しっかりとイメージする習慣を身に付けることが大切で、その習慣によって自然と必要なイメージを
脳内で描くようになることでイップスのイメージを追い出すのです。

競技によって違いはあると思いますが、イップス改善の初期段階から正しいイメージを描く習慣を
身に付けるという取り組みを提案しています。
なぜ軌道をイメージすることが大切なのかということも、コーチングの中でお伝えしています。

もし、イップスの改善のために、余計なことは考えない、ただ思いきりやろうとして、改善できて
いないとしたら軌道をイメージすることから始めてみてはいかがでしょうか。