IMトレーニング|メンタルトレーニング

 

予測力、タイミング力、集中力を向上させる

IMトレーニングはインタラクティブ・メトロノームの略で、もともと音楽家のための
リズムトレーニングとして開発されたものです。
そして活用されていく中で、脳の神経の発達を促進するということがわかり運動機能や
認知機能の改善を目的に医療分野で用いられるようになり、さらにそのメソッドは
スポーツにも活かすことができるということでアスリートのトレーニングとしても用い
られるようになりました。
詳しくは、IMジャパンのサイトへ➡研究者の声

日本ではAXIAがスポーツの分野に最初に導入したのですが、その理由としては脳に
与える影響がメンタルトレーニングとしても非常に有効だと感じたからです。
今では、多くのアスリートがパフォーマンスの向上はもちろん、スランプ脱出、イップス
の改善を目的としてIMトレーニングを活用して、その有効性を実感してくれています。

 

脳の可塑性を利用した能力向上

IMトレーニングは、ヘッドフォンから一定間隔で聞こえる音の発生を予測して、その音
にタイミングを合わせて手を叩くということを繰り返すというシンプルなトレーニングです。

音の発生と手を叩くタイミングのズレは、1000分の1単位で記録されるのですが、
少ない数字が出るほど良いスコアだということになります。
良いスコアを出すためには、かなりの集中力が必要になり、トレーニングの時間を調整
することで集中力を発揮し続けなければならない時間を長くすることができます。

人間の脳には可塑性といって、繰り返し与えられた刺激に対する反応と反応に対して
行った行動が脳の働きの癖として定着する機能があるのですが、IMトレーニングは予測、
タイミングを合わせる、集中するということを繰り返し行うことで、高いレベルでの
それらの作業を脳に定着させていくトレーニングであるということが言えます。

 
トレーニングの様子

トレーニングの方法は、下記の動画のように非常にシンプルで簡単です。
ただ、これまで何名ものアスリートに行っていただきましたが、勘の良い人はトレーニング中に高い集中力
を発揮しているという時間を得られています。
また、オリンピックのメダリストや日本一になった実績のあるアスリートの中には、1000分の何秒と
いうわずかな音の発生と手を叩くタイミングのずれを、初めて行った時に察知されていました。

シンプルなトレーニングですが、方法を工夫することでさまざまな目的に合わせて活用できるトレーニング
でもあるので、スポーツ界に広めていきたいトレーニング方法でもあります。
AXIAでは、主にパフォーマンスの向上は、スランプ脱出、イップスの改善に役立っているトレーニングです。

IMトレーニング|メンタルトレーニング
IMトレーニング|メンタルトレーニング

 

contact6