前回の記事で、ラグビーの故 平尾誠二さんの著書を紹介しましたが、今回は平尾さんに関心を持つきっかけになった
書籍であるイメージとマネージを紹介したいと思います。

この本は、平尾誠二さんと編集者の松岡正剛さんの対談をまとめたものです。

 

本を読んだ感想としては、物事を俯瞰してみることの重要性を学ぶことができたということです。
あと、平尾誠二さんの書かれた本を他にも読んでみたいと思うようになりました。

ラグビーの日本代表として活躍した方が、ラグビーだけに意識を向けておらず、自分の人生全体を俯瞰してラグビー
を捉えておられる感覚や神戸製鋼のラグビー部を長期的な視点からみている感覚が、とても新鮮でひきつけられ
ながら読んだことを覚えています。

また、文章の中に非常に人間臭さが表れているところがあり、論理的思考と感情のバランスの獲れていて、面白い人
なのかなと感じました。

この書籍を読んだことをきっかけに、『知のスピードが壁を破る』をはじめいくつかの著書を読みましたが、どれも
非常に参考になりました。

 

 

axiaincb