「筋肉」よりも「骨」を使え、という本の紹介です。
武術家の甲野善紀さんとスポーツトレナーの松村卓さんの対談をまとめた本です。

 

 

 

もともとトレーニングの理論として武術の理論は非常に面白いというか、効率的だなと思っていたのですが、
この書籍は『骨』を中心に体のことをお二人が語っておられて、改めて体の動く原理や骨を意識することの
重要性を学べた一冊です。

 

みなさんは、技術を習得などの表現に使われる『コツ』という言葉が、漢字にすると『骨』だということを
知っていますか?

コツとは、身に付けたい技術の骨の動かし方をイメージして体現できる力、その動きを記憶する力だと、
私は解釈していて、自分が剣道をする際には意識しています。

 

本来、私は非常に不器用で、どうしても一生懸命に技術を身に付けようと空回りしてしまう傾向があったの
ですが、骨を意識することの重要性を知ってから、少し体の動かし方が良くなったように思います。

上記の本には、骨を意識することのメリットもたくさん書かれているので、どんな競技の人にも参考になる
内容だと思います。

 

 
axiaincb