前回の記事中に書いてあったの、内的動機によって行動を起こすようになることが大切だということと関係がある
のですが、今回は子供に自信を与える質問方法について書いています。

スポーツ指導の現場でのコーチと子供の関係、ご家庭での親子関係でも、スポーツに熱心であれば子供と大人が
会話をする場面はたくさんあると思いますが、会話をする機会が多いからこそ、どのような会話をするかが子供の
心の成長に与える影響に違いが出てきます。

 

スポーツ指導の現場でも、親子の会話でも多いのが、大人が子供に質問をする時に頭の中で正解を用意してから
質問をするケースです。
明確な答えのある質問をしている時は別ですが、子供がどのような思いでその行動を起こしたのかについて質問
をする時には、正解は子供の発想の数だけあります。

しかし、大人は質問をすると同時に質問の答えを用意してしまっていて、答えを教えてやるというような態度で
子供に質問をしてしまう場合があります。

 

質問に対して、自分はどんなことを考えていたかを答えた子供が答えを否定されることが日常的だと、子供は
大人が望んでいる答えは何かを考えるようになってしまいます。
自分の本心に対しては鈍感になり、他人の顔色には敏感になり、自分の本心、発想、それを発言することに自信
が持てなくなってしまいます。

反対に、子供の質問の答えに対して、なぜその発想が生まれたのか、その答えがどのように結果につながって
いるか、結果を考えると他にも良い発想はなかったか、などを子供自身が考えるような質問をしてあげると、
子供は自分の発想と結果の因果関係に気づいて、自分の発想に自信が持てたり、他にどのような発想ができた
のか考えて状況に対処する力を増すことができたりします。

自分の発想が良い結果に結びついていたとしても、望ましくない結果につながっていたとしても、思ったこと
を発言して、それを否定されずにより深く考える手助けをしてもらう習慣があると、子供は自分の発想に自信
が持てるようになります。

 

人間は、いくら良く考えても判断ミスをしてしまうもので、それが子供であれば判断ミスをする機会も多く
なります。

だからこそ、自分の発想と結果について子供自身が関心を持って考える機会を持つことが、経験したことを
しっかりと記憶することにつながり、その経験が同じような状況になった時の判断材料になるのです。
自分の思ったことを否定されずに受け入れてもらい、深く考える機会を与えてもらうことで自信が深まり、
自分の思ったこと、考えたことを信じて判断ができるようになるのです。

 

スポーツの指導でも、家庭でのコミュニケーションでも、経験豊富な大人はつい『教えてやる』という態度
で子供と向き合いがちですが、子供が何を思い、何を考えたのかを教えてもらおうという気持ちを持って
接する意識を持って、経験不足な子供だからこそ、今後のために子供の発想が深まるような質問を投げ
かけてほしいと思います。

 
次回はこの続きを書きたいと思います。
 

s-mm