スポーツではもちろん、仕事や勉強などでも集中することが大切だと言われますが、集中とは何かについて書きたいと思います。

 

私は、集中とは予測力とタイミング能力を働かせ、いつでも反応できる心理状態であり、
集中力の持続とはその状態を維持し続けていることだと考えています。
例えば、野球のピッチャーであればどのような球種でどこに投げてくるかを予測しつつ、それに反応できる状態であることで、野手であれば
ピッチャーの投げるボールやバッターの力量からどこにボールが飛んでいくかを予測して補給できる準備をしている状態です。
剣道であれば、相手と構えあっている時に相手の動きを予測しつつ先を取って、相手の反応に対して対処できる状態です。
どのような競技でも予測をして、実際のボールや人の動き、または自分の動きに対してタイミングを合わせてパフォーマンスを行っています。

 

予測力を働かせることと、ボールや相手の動きに反応できる状態を維持することというとスポーツ特有の集中力のように思われるかもしれま
せんが、人間はコミュニケーションで人の話を聴いている時も予測力とタイミング能力を働かせています。
また、文章を書いたり、何かの作業をしている時も少し先を予測しながら行っている時は集中力が働いています。
予測力とタイミング能力を働かせることは仕事や勉強でも重要なことなので、この集中力の定義はスポーツ以外でも整理るすると考えています。

 

このブログを読んでおられる方は、スポーツに関する知識を求めている方が多いのでスポーツをする時に予測力とタイミング能力を意識して
集中しようとしてみて下さい。
また、仕事や勉強でも予測力とタイミング力を意識すると集中できるのか、試してみる機会のある人は試してみて下さい。

 

集中力を強化するメンタルトレーニング

 

メンタル強化のためのメンタルトレーナーが作った練習日誌。

mntl