昨日は、集中力とはというテーマで記事を書きました。→ 集中力とは
今日は、集中力が切れるというのはどういう状態なのかについて書きたいと思います。

 

昨日の記事でも書きましたが、集中力は予測力とタイミング能力を働かせ、いつでも反応できる心理状態のことなので、集中力が
切れるのはこの状態が保てなくなっている状態であると考えています。

集中力が切れる時には、試合中に相手やボールなどの目の前の現実に対して予測力が働いていたのが、
負けたらどうしよう、この前負けたからやりにくい、自分のフォームはおかしくないだろうか、監督はどう思ってみているだろうか
などを考え、意識が相手から自分の内面や周囲の人に移ってしまっています。

また、早く試合終了になってほしい、自分の考えは相手にばれていないだろうか、さっきのチャンスを逃していなければ勝てて
いたのに、相手はまだ余裕が残っているような気がする、など焦り、不安、後悔などに意識が囚われてしまう時にも集中力が
切れてしまいます。
試合はもちろん、練習でも集中力が途切れないことが大切なので、集中とは何か、集中力が途切れるというはどういうことかと
いう答えは、自分なりに集中力を持続させたり、途切れた時に集中し直すための手掛かりになると思います。

ここに書かれていることを意識して取り組んで頂くと、集中している時間が増えたり、自分は意図的に集中できるという実感が
持てるようになるかもしれませんが、現時点よりもさらに集中力を向上させることにも取り組んでいただきたいと思います。

 

人間の脳は、環境の変化や過去の記憶などの刺激を受けると目の前の現実から意識が離れるような働きをしてしまうものなので、
心の中に浮かんだ感情に意識を取られないため、途切れたとしてもすぐに集中できるためのトレーニングを行うことが必要で、
その手段がメンタルトレーニングなのです。

 

AXIAでは、集中力の向上につながるメンタルトレーニングを提供しています。
集中力を高めるトレーニングは、いくつかの方法がありますが、私が提案している方法は非常に効率的で効果的な方法です。
次回は、そのトレーニングについて詳しく説明したいと思います。

 

集中力を強化するメンタルトレーニング

 

メンタル強化のためのメンタルトレーナーが作った練習日誌。

mntl