スポーツには勝敗があるので、不安になってしまうということ良くあります。
大事な試合ほど相手が強かったり、目的達成の難易度が高いので、不安になったり、失敗したくないという思いから
マイナスイメージが脳内に生じてしまうことは仕方がありません。

しかし、不安やマイナスイメージが生じて自分の力が発揮できないことが多いという人もいれば、不安やマイナスイ
メージが生じても自分の力を発揮することはできるという人もいます。

その違いはいったい何なのでしょうか・・・?

 

 

報酬をイメージできているか

不安やマイナスイメージが生じた時に力を発揮できる人、力を発揮できない人の違いは、今から自分が行うことの
報酬をイメージできていないという傾向があります。

それはどういうことかというと、人間の脳は何かの行動の結果によって何らかの快楽が得られると脳内の自己報酬系
という働きが促進されて、また同じ行動をとりたいと思えるようになります。
自己報酬系が働いている時には、ドーパミンという神経伝達物質が多く分泌されている状態です。
ドーパミンの物質が活発な時は、人間は快楽を感じています。

 

このドーパミンの分泌は、最初は何らかの行動によって促進されますが、その行動を行えば快楽を感じることが
できるとイメージするだけでも分泌が始まるようになります。

このドーパミンの分泌を促す自己報酬系という脳の働きを活性化されるためには、試合によって自分は何が得ること
ができるのかを強くイメージすることが大切です。
上手くいかなかったらどうしようという不安は勝手に浮かんできてしまいますが、それ以上に自分は何を得たいのか
を強く意識して、それを得られたら自分はどんなに幸せなのかを考えるのです。

 

それを考えている時に、求めているものが得られた喜びをも想像できれば、脳内では自己報酬系が刺激されて、
ドーパミンが分泌されている可能性があります。

 

 

目的意識を高め、達成の喜びをイメージする

人間の脳は、自分の身を守るために最悪の状態は避けることができるよう、不安やマイナスイメージが心の中に
浮かびやすくなっているので、普段から自分が達成したい目的を強く意識すると同時に達成された時の喜びも
想像しておくと、試合前でも試合の後に自分が求めているものが得られるというイメージを作りやすくなります。

パフォーマンスが発揮できないのは、不安やマイナスイメージが生じるからではなく、不安やマイナスイメージ
に心が囚われ過ぎて脳内でドーパミンが分泌すされにくい状態になってしまうためです。

 

不安やマイナスイメージが生じても、自分の目的をしっかりと思いだしてそれを達成できた喜びをイメージする
ことでドーパミンが分泌されたなら、自分の持っている力を出すことができるのです。
結果を出しているアスリートは、無意識にでも『自分は目的を達成したらどんなに幸せだろうか』というような
ことを考える傾向が強いのです。

無意識に自己報酬系を働かせるプラスイメージを思い浮かべることができる人もいますが、不安になると
力が発揮できないと感じている人は、常日頃から目的意識を高めて、達成の喜びをイメージしておくことで、
不安に打ち勝つイメージ力を鍛えて下さい。

 

 

次回は、不安に打ち勝つイメージ力の鍛え方の続きを書きたいと思います。