人の性格は様々ですが、スポーツに向いている性格はあるのか・・・。
自分自身がアスリートだという方も、子供がスポーツをしているという方も、スポーツをする
のに向いている性格はあるのかどうかということが気になったことがあるという方はおられる
と思います。

そこで、さっそく答えですが・・・。

ズバリ、スポーツに向いている性格はあります。

競技の特性によって求められる性格の違いはありますが、どの競技でも共通して持っていると
良い性格的な特徴というものがあります。
今回は、その特徴の観点からスポーツに向いている性格について説明します。

 

 

不安や恐怖に強く、気持ちの切り替えが早い性格

なぜ、性格によってスポーツに向いているか、向いていないかという判断ができるのかというと、
それはスポーツのは勝敗がつきもので、努力をするほど、結果を出してより高いレベルで、注目
をされることも多くなる試合に望むことになるほど、ミスすることや負けることが怖くなると
いう要素が競技を問わずあるからです。
また、自分にとって望まない結果やスランプ、怪我などに直面する機会があるという点も、競技
を問わず共通している要素です。

そのため、スポーツでより結果を出す可能性が高くなるのは、不安や恐怖を感じつつも前向きな
思考が働き、チャンスに思い切った判断ができる選手、ミスや負けを引きずらない、スランプや
怪我に囚われないといった気持ちの切り替えの早い選手は、自分の実力を発揮できる可能性、
良い結果を出す確率が高いと言えます。

 

スポーツだけではありませんが、人間が緊張をするというのは、その環境の中で自分の身を守る
ための脳の闘争(逃走)反応が起きているということです。
闘うにしろ、逃げるにしろ、自分の身体能力を短時間で高めて命を守る準備をする時に生まれて
いる身体反応を緊張していると感じているのです。

人間の脳は、危険に対して脳がどのような反応をするかは、ある程度生まれつき差があり、危険
を感じた時に逃げることよりも闘うことを選択しやすい脳に生まれた人の方がスポーツには
向いています。

 

厳密に言うと、スポーツに向いている性格があるというよりは、勝負事に向いている性格があり、
勝負ごとに不安や恐怖を感じやすく、それが体の動きに影響を与えてしまう人が練習の時は良い
プレーができるのに、試合となると力が発揮できないため、自分はスポーツに向いていないと感じ
やすいと言えます。

 

 

スポーツの才能と性格は別

勝負ごとに向いている性格はありますが、だからと言ってその競技の才能があるとは限りません。
何を持って才能とするかは難しいですが、その競技に必要な動きの獲得がスムーズにできること、
その競技の特性に合った感覚の鋭さを持っている人は、才能があると周囲の人からは見えるのでは
ないかと思います。

上記のように特定の動きの獲得がスムーズにできて、その競技においてプレーを成功させるための
感覚を持っている人でも、試合という条件の中で不安と恐怖が大きくなりすぎて、動きに影響が
出てしまう人は、才能があっても勝負に勝てる可能性は少なくなってしまいます。
そして、そういう点で悩んでいるアスリートは少なくありません。

 

 

性格を知り、弱さを克服する

自分の性格が、どうしても試合になると動きが悪くなったり、判断ミスをしてしまう性格なのでは
ないかと思う人は、それで競技生活をあきらめる必要はありません。
決して不安や恐怖に強くなくても試合で結果を出しているアスリートはたくさんいます。

勝負事に向いている性格ではなかったとしても、自分の性格傾向を良く自覚して、それを前提に
試合に備えた心の準備をすればいいのです。
そのためにコーチングを受けて自分を良く自覚して、メンタルトレーニングによって試合のため
に心の準備を行えばいいのです。

 

人間の脳は、刺激を受けた時に生じやすい反応というものはありますが、メンタルトレーニング
によって望ましくない反応を小さくしたり、必要な反応を高めることは可能です。
もし自分が勝負事には向いていない性格かもしれないと感じたら、一度コーチングを受けてみて
下さい。

私はスポーツのメンタルサポートだけでなく、性格の知識にも詳しいメンタルトレーナーであり、
性格ごとの取り組み方のアドバイスを行うこともできるので、必要を感じた方はご連絡下さい。

 

また、性格について詳しく知りたい場合は、私が書いた下記の著書を読んでみて下さい。
著書の中に出てくるポジティブで攻撃性の強い性格は、勝負事に向いている性格です。

メンタルトレーナーが書いた性格診断の本

 

登録してもメールが届かない方は リザストメーラー をご利用下さい。