メンタルを強化したいと考えた時、日本人はどうしても大きな負荷に歯を食いしばって耐えることがメンタル強化になると考えがちですが、
それだけが強化の方法ではありません。
むしろ、苦しいことに耐え抜いたら心が強くなるということだけがメンタルの強化だと考えているとパフォーマンスの低下を招いてしまう
場合が多いのです。

 

実際に低迷しているアスリート個人もチームも、偏った視点で心を強くするということを考えている指導者から指導を受けている傾向も
見受けられます。

苦しいことに耐えるという心の鍛え方も、明確なビジョンを持って負荷を調整して行えば意味のあるメンタル強化方法だと思いますが、
今回の記事では、ドーパミン神経を鍛える必要性をお伝えしたいと思います。

 

ドーパミンは神経伝達物質の1つで、運動機能の調整と快の感情を生み出して意欲や集中力を高める役割を担っています。
ドーパミンは、スポーツを行う上では欠かすことのできないものなのです。

しかし、指導者のアスリートへの関わり方が、ストレスを与えすぎていて努力することの意味や目的達成のイメージを上手く与えること
のないものだった場合、ドーパミンを生み出す神経はしっかりと働かないので運動機能の面でもモチベーションの面でもパフォーマンス
が低下してしまうのです。

 

アスリートにとって、ドーパミン神経が上手く働かないということはパフォーマンスの低下につながり、長期化するとスランプだと感じる
状態にまで陥ってしまいます。
おそらく、世の中にはまだまだパフォーマンスを向上させる可能性があるのに、ドーパミンの働きが低下したまま引退を選択してしまう
アスリートも少なくないと思います。

アスリートが、周囲の環境だけでドーパミンが低下してパフォーマンスが低下したままになったり、引退せざるを得なくなるというのは
もったいないことですので、アスリートとしても1人の人間としても自分の競技生活をより良くするために自分でドーパミン神経を活性化
される方法を知って実行していただきたいと思います。

 

スポーツをしている以上、勝負事なので気持ちを強く保ち続けることが難しいほど落ち込むことも、指導者やチームメイトとの相性で
ストレスが慢性化してしまうこともあるかもしれません。
しかし、自分の精神状態に対しては自分で責任を持てるようにならないと、勝負の世界で戦っていくことは難しいですし引退後の生活でも
困難を乗り越えていくことは難しくなります。

 

次回の記事では、具体的にドーパミン神経を活性化さえる方法について書きたいと思うので、参考にしていただければと思います。