昨日の記事では、指導者のコントロール欲求が選手を過去の事例と比較しすぎる背景にあるという
記事を書きましたが、今回は指導者が自分のコントロール欲求をコントロールできるようになるには
どうすればいいのかということについて書きたいと思います。

 

昨日の記事でも説明した通り、コントロール欲求の強さはある程度生まれつき備わったものなので、
コントロール欲求の強い人は無意識に他人をコントロールしようとしてしまいます。
人間は欲求が満たされない時に不快感を感じるので、コントロール欲求の強い指導者は選手が自分
の思うように行動をしないことに不満を感じて、ますます相手をコントロールしようとして、選手
との信頼関係を損なうという悪循環になってしまいます。

 

そんなことにならないために自分のコントロール欲求を意志でコントロールすることが必要なのですが、
そのためには無意識を意識化しないといけません。
意識できていないものはコントロールできないからです。

無意識を意識化するのには、コントロール欲求の場合、自分がその欲求が強いということを認めること
が第一条件です。
その上で自分に指導を行う上での明確なルールを課して、その方針に矛盾のない行動を継続することが
コントロール欲求をコントロールすることにつながります。

 

人間の欲求が、刺激に対して無条件に起きる反応を生み出すので、意識してコントロールしようと
いうことだけでは上手くいきません。
冷静な時に明確なルールを決めて、それを自分自身で守ることがコントロール欲求のコントロールに
なります。

コントロール欲求に限ったことではありませんが、自分の生まれ持った性格をコントロールして
スポーツや仕事を
行っていくためには、不安定な心掛けに頼るのではなく、明確なルールを自分に課して矛盾のない
行動を習慣化することが必要です。

 

スポーツの指導者の場合、自分にルールを課して自分の性格と付き合っている人は、何らかの成果
を上げていると感じます。

 

================================
目的までの軌道を描き、達成のために突き進む!
目的を掲げた自分との約束を守って努力を継続するための練習日誌。


================================