スポーツでは、弱気になってしまうとその影響がパフォーマンスにも表れて、攻めることを躊躇して
しまったり、過剰に守りに入ってしまいます。
そのため、弱気にならないように意志を強く持って戦うことが大切なのですが、意志を強く持ち
強気になってプレーをしようとして自分の中から生じる不安を無視してしまっては、結局試合の中で
弱気になってしまったり、無策なまま試合に臨んで無謀なプレーをしてしまいます。

弱気になることは良くないという思いから、不安を感じても無視してしまっては良いパフォーマンス
は発揮できないのです。
今日は不安と弱気の違いから、試合前の心の整え方について説明したいと思います。

 

不安は、心の中で生じた時点では脳が何らかの危険を予測して起こした反応です。
人間の脳は、命を守るということを優先するため、危険なことには素早く反応するようにできていて、
その反応によって不安が生じるのです。

不安は、生まれた時点ではただの感覚ですが、人間には記憶があるために過去の記憶からさまざまな
予測をしてしまいます。
この予測はある程度必要なものであり、予測ができるからこそ不安に備えて準備ができるのです。
そういう点から、不安を感じるということは決して悪いことではなく、むしろしっかりと受け止めて
自分が何に不安を感じているかも明確にして準備を行うことが必要です。

不安という感覚が生じても、準備をすることによって試合には落ち着いた気持で望めますし、準備が
できている
からこそ思い切ったプレーが選択できて高パフォーマンスが発揮できます。
強気になるというのは不安を無視することではなく、不安を受け止めて試合に向けての準備をする
ための大切なセンサーなのです。

 

では、その不安と弱気は何が違うのでしょうか...。

実は弱気とは、不安が生じたことを発端に過度に悪いことが起きる予測をしてしまい、その上で自分
がどんな準備をするのかを決断できずに無策のまま試合に臨んでしまう心理状態です。

試合に限らず、学校のテストや仕事でも同じですが、準備をしていないと当然不安は大きくなって
思い切った行動ができなくなってしまいます。
弱気というのは、不安が生じた時に自分はどう行動して、どんな準備をするのかを選択できない人が
陥りやすいのです。

 

特に、自分にとって脅威だと感じる、自分の力が及ばないと感じる時ほど、人間は決断力が弱って
しまって準備を怠ってしまいます。
スポーツでは、相手がどれほどの実力であろうと自分にできる準備をしっかりとして試合に臨む
ことが、メンタル面の安定につながるため、不安を感じた時ほど準備をするという意識を持って
もらうことが大切です。

 

 

================================
目的までの軌道を描き、達成のために突き進む!
目的を掲げた自分との約束を守って努力を継続するための練習日誌。


================================