意見を言い合える環境作り

メンタルトレーナーとしてチームに関わらせて頂く際に、チーム内で意見を言い合える環境
を作る取り組みを行います。

会話の経過を見ながら自分の意見をいうためには、状況を読むこと、発言をする決断をする
ことなど、パフォーマンスを発揮する際の心理的な働きと似たような働きが脳内で生じます。
遠慮ばかりしていては、意見があっても発言するタイミングを逃してしまったり、自分の
思いを全く表現できないままになってしまいます。

スポーツの試合では、自分らしいパフォーマンスを発揮して、チームの勝利に貢献すること
が求められますが、そのための心理的なトレーニングとして意見を言い合う機会を作って
もらっています。

意見を言い合うためのミーティング

具体的には下記のようなミーティングを行ってもらいます。

  • 話し合うテーマを明確にする
  • ファシリテーターを決める
  • ミーティングのルールを決める

何の設定もせずミーティングをしてもらうと、日ごろからよく発言をしている選手だけが
意見を言って、意見を言うことが苦手な選手は思っていることがあっても言わないままで
終わってしまいます。
上記のような条件の中でミーティングを行うと、多くの選手の発言が生まれ、選手同士
の相互理解が深まったり、発言を受け入れてもらったことでチームでの存在意義を感じ
られ、選手の自己肯定感が向上するという狙いもあります。

チーム力を高めるミーティングの定着

意見を言い合えるミーティングは、最初はメンタルトレーナーがサポートをしながら
進めていきますが、その取り組みを通じてチーム内にファシリテーターをできる人を
増やすことを目的としています。

チーム内にミーティングを進行して、選手全員の発言を促進することができる人が
増えれば、メンタルトレーナーのサポートがなくても質の高いミーティングを行う
ことが可能となります。

特にチームのリーダ格の選手は、自分の意見を全体に伝えることは得意ですが、
みんなの意見を引き出すこと、リーダー格の選手に意見を聴いてもらえたという
印象を他の選手が持つことによって生まれる効果をチーム作りに活かして頂きたい
と思っています。

強いチームは活発な意見交換ができている

強いチームには、自信を持った選手が多いためかチーム内の意見交換も活発に
できているという印象があります。
特に日本代表チームになると、自信のある選手が集まるため意見交換が活発で
あることが多いそうです。

時にはお互いが思ったことを言い合うという側面が強く、相手の意見を聴くと
いう部分は弱くなっている可能性もありますが、それでも一部の選手だけが
意見を言って終わるミーティングよりは、多くの選手が自分の思っていること
を表現することがもたらすチームへの効果は大きいと考えています。

特に選手個々の力はあるのに、その力を上手く発揮できない選手が多い場合は、
ミーティングでも意見を上手く言えない選手が多いという現象が起きている
可能性があるので、ミーティングの質を上げる取り組みをする価値があると
思います。

 

スポーツチームのメンタルサポート

 

===============================================
【メンタル強化のための情報配信】

ブログとFacebookページで、メンタルを強化するために必要な情報を配信しています。
心は形がなく目に見えないものだからこそ、試合に勝つために強化をしたいと思っても、
何をどうすればいいのかわからない方が多いと思いますが、情報を得ることで強化の
方向性が見えてきます。
私が配信している情報を読んで、メンタル強化に取り組んでみて下さい。

メンタルを強化に関するブログ記事紹介

AXIAのスポーツ心理のFacebookページ

===============================================