競技力の向上と将来のために

AXIAには、小学生から相談に来られている方もたくさんおられます。
子供の頃からメンタル強化に取り組むのは、競技力の向上が目的だと
いう場合が多いのですが、その狙いで取り組んでいただく中で子供の
将来にも活きてくるサポートを心掛けています。

スポーツの中で養えるメンタリティは、勉強や仕事に通じる部分も
多いので、子供の頃からアスリートとして取り組んで得たものは
大人になってからも活かして頂きたいと考えています。

中にはプロアスリートになっていく子供もいると思いますが、
プロになる子供だけでなく、一生懸命スポーツに取り組む子供達
を応援していきたいと思っております。

子供のころに育てたい2つのメンタリティ

目的達成思考を育てるコーチング

子供のコーチングでは、忍耐力、想像力、継続力を養うこと、またはそれをご家庭で養って頂く際のアドバイスを行って
います。
上記の3つは、スポーツで目的を達成するためには欠かせない心の力です。

忍耐力は、スポーツだけでなく自分の衝動や感情をコントロールする力として非常に大切なものです。
スポーツでも大事な局面を左右するメンタルコントロールの土台となる力です。
想像力は、スポーツではプレーの幅を広げること、何を意識して練習をするか、ビジョンの描き方につながる力です。
継続力は、人生のさまざまな誘惑があるなかで、優先順位を見極め努力を続ける力です。

子供の場合は、主にメンタルノートを活用した方法でコーチングを行っています。
 
 

アスリート脳を育てるメンタルトレーニング

私は、スポーツで鍛えられる脳の力が備わっている脳をアスリート脳と呼んでいます。
その脳の力とは、反応力、タイミング能力、ポジショニング能力、グレーティング能力、そして集中力です。
これらの脳の力は、脳の仕組みを理解して適切な刺激を与えることで向上しますが、メンタルトレーニングの中に
その方法が組み込まれています。
また、ご家庭でも出来るトレーニングがあるので、その方法などもお伝えしています。
上記の能力に関しては、運動神経の向上のページをご確認下さい。

ジュニアアスリートからの相談内容

・イップス、スランプになっているので、状態を改善して復活のきっかけを掴みたい。
・緊張をして力を発揮できないことが多いので、メンタルをコントロールできるようになりたい。
・強い相手とは思いきりできるのに、勝てそうだと感じる相手ほど苦戦するようになった。
・採点競技で、技を出す時に恐怖心が生まれるようになり、技を出す直前に体が止まるようになった。
・スポーツに対して、もっと意識を高く持って取り組めるようになりたい。
・将来プロを目指しているので、子供の頃からメンタルトレーニングを取り入れたい。

contact6