運動神経を強化するメンタルトレーニング

メンタルトレーニングは、運動神経の強化にもつながります。
それは、メンタルトレーニングは考え方や受け止め方の改善ではなく、脳の働き
をコントロールすることによって高パフォーマンスの発揮を促すものだからです。

一般的に運動神経と言われているものは、正確には運動能力と表現した方が適切
かと思います。
脳科学や解剖学では、運動神経は体性運動神経といって骨格を動かすために
筋肉に命令を伝える神経と、内臓運動神経といって人間が意識になくても
内蔵を働かせてくれる神経のことを言います。

運動神経以外でも、知覚神経や交感神経などスポーツには重要な神経が脳から体に張り巡らされているのですが、
その神経の働きをコントロールするための手段がメンタルトレーニングなのです。

 

運動神経とは

私たちは、素晴らしいパフォーマンスを発揮したり、人よりも早くスキルを修得する人を見て運動神経がいいと
表現していますが、それは上記で説明した神経の働きによって表現された運動の結果を見て感じていることなのです。
そのため、運動神経を向上させるためには、脳と神経の働きをより良くすることが必要になってきます。
AXIAで行っているメンタルトレーニングは、運動神経はもちろん、知覚神経、交感神経の働きにアプローチ
するものなので、運動神経を向上させることが可能なのです。

 

運動神経を構成する要素

一般的に運動神経と言われている運動能力は、下記の6つの能力を含んでいます。
当然、どの能力も高い方が運動能力も高いのですが、人によって個人差があるので、弱点を補うのか、強みをさらに
強化するのか、どんなプレーを伸ばしたいかで、向上させる能力も違ってきます。

1.状況把握能力
五感から得られる情報に対して予測する力

2.タイミング能力
状況に合わせて、適切なタイミングに体を動かす力

3.ポジショニング能力
自分の手足をパフォーマンスを行う上で、適切な位置に持ってくる力

4.グレーディング能力
運動の際に発する力の強弱を調整する力

5.持続力
正しい動きを何時間でも継続できる力

6.素早さ
瞬発的に動く、動きを切り替える力

 

上記の能力は、運動神経、知覚神経、交感神経をトレーニングで刺激することで向上するのですが、どの能力を
向上させるのかでトレーニング方法が違ってきます。
メンタルトレーナーは、そのトレーニングの立案、指導も行います。

 

子供のころから取り組みたい運動神経の強化

人間には神経の発達が活発な時期があり、その時期はゴールデンエイジと言われています。
大雑把にいうと3歳から14歳くらいまでの時期なのですが、細かく分けると下記のようになります。

・プレゴールデンエイジ    3歳~8歳

・ゴールデンエイジ      9歳~11歳

・ポストゴールデンエイジ   12歳~14歳

それぞれの年代によって適したトレーニングがあり、簡単でもいいので小さいころほど多様な動きをする機会が
あることが望ましいと言えます。
公園で遊ぶことなどが大切なのも、いろいろな遊具で体をしっかりと使って遊ぶことが運動能力の土台を作るからです。

上記の年齢は、あくまで指標であり個人差があります。
3、4歳くらい時期が前後すると言われていますし、大人のアスリートでも神経を発達させるトレーニングは有効
であり、必要です。
ただ、子供のころから脳科学的な理論をもとにしたトレーニングに取り組める機会があるのなら、行っておいて損
はありません。
日本のアスリートが世界で戦っていくには、ゴールデンエイジと呼ばれる時期の過ごし方が1つのターニング
ポイントになるかもしれません。

子供の将来を見据えてメンタルトレーニングを受けさせたいとお考えの方は、お子さんと一緒に相談に来て下さい。

 

コーチングで分析、メンタルトレーニングで対応

自分の運動神経を向上さえたい、子供にメンタルトレーニングを受けさせたいという方は、まずはコーチングで話を
よく聴かせて頂きます。
その上で、アスリートの個性と競技の特性を考えてトレーニングを提案させて頂きます。

脳と神経の働きという観点からパフォーマンスの向上に取り組みたい方は、一度ご相談下さい。

contact6