ルーティンは脳に集中力を高めるスイッチ

弊社ではメンタルトレーニングを提供していますが、ルーティンを作りたいという相談にも応じています。
ルーティンは、自分で決めた動作をいつも同じタイミングで行うだけで良いというものではありません。

ルーティンは、定められた動作がパフォーマンスを発揮できる集中状態を再現するスイッチになっていてこそ行う意味があります。

ルーティンを導入することで、理想的な集中状態であるフロー状態を再現できるようになるとパフォーマンスの安定度は増すでしょう。

集中しているアスリート

脳の検索機能と条件付け

なぜルーティンがになるためのスイッチなのか?  それは脳の検索機能と関係があります。
脳の検索機能とは簡単にいうと『思い出す』という機能です。

競技前に自分にとって良い精神状態を思い出して再現できるのであれば、良いパフォーマンスを発揮することができるでしょう。
ルーティンは、思い出すことを助けるための動作であり、アスリートが試合の時に思い出すことができると望ましいものはフロー状態になっている時の感覚です。

では、どのようにしてルーティンによってフロー状態を思い出せるようになるかというと、それはメンタルトレーニングによってルーティンとフロー状態を結び付けていくのです。
詳しい説明は、企業秘密なのでここでは書けませんが、脳は条件反射が身に着くようにできているので、その脳の働きを利用した方法でルーティンとフロー状態を結び付けていきます。

五感からの刺激でフロー状態を引き出すメンタルトレーニング

フロー状態を引き出すには、脳の検索機能が関係していると書きましたが、脳の検索機能を働かせるには五感を刺激することが有効です。
そもそも、脳は私たちの意思でコントロールすることが難しいので、外部から刺激を与えて反応を引き出すことが、脳を働かせることになるのですが、外部からの刺激を受け取っているのが触覚、聴覚、嗅覚、味覚、視覚の五感です。
これらの五感から得た刺激は、その刺激と関連する脳の働きを生じさせます。

例えば、自分が卒業した小学校に行くと、目から入ってくる光景やその日の気温や天気などで、小学校時代の思い出が脳裏に浮かぶのは、五感から受けた刺激によって関連する記憶が引き出されたからです。

この脳の働きを活かしてルーティンとフロー状態を関連づけることで、競技前にフロー状態を引き出す、または近づくことが可能だと考えています。
AXIAでは、ルーティンを身に着けたいという方には、メンタルトレーニングによって効果のあるルーティンを身に着けるサポートを行ってきます。

メンタルトレーニングでルーティンを作る

メンタルトレーニングでルーティンを身につけることができるようにサポートしています。
脳の条件付けの原理を利用した方法によって、自分が決めた動作さと集中状態を結びつけるトレーニングを行っていきます。

ルーティンを身につけるには、まず通常のメンタルトレーニングによって集中力を高めることができるようになる必要があります。
まずは自分で集中力を高めることができるという感覚をつかんだ後に、その集中力を再現するスイッチを身につけるのです。

ルーティンを身につけてパフォーマンスの安定に活用したいという方はご相談下さい。

スポーツコーチング、メンタルトレーニングの依頼