試合に勝つための間合いの把握

剣道で試合に勝つためには、間合いに関して敏感であることが重要です。
間合いを無視して試合をすると、届かない距離から打ってしまったり、相手に近づきすぎて
打たれたり、相手の隙が無いのに打って反撃を受けることになってしまいます。

反対に間合いに対して敏感であれば、打つべき機会をとらえようという意識は高まり、相手
が打とうとする機会も把握しやすくなります。
また、打突時に体勢が崩れにくく、防御する時も攻撃に移りやすい体勢で相手の技に対応
することができます。

今回の記事では、私が小学生を指導する際に、適した間合いを掴むという発想を理解して
もらうために説明している内容を書いています。

一足一刀の間合いの把握

試合で勝つための間合いの把握では、まずは自分にとっての一足一刀の間合いを把握して
もらいます。
小学生には、左足を継がずに一歩踏み込めば、相手の打突部位を物打ちで捉えられる間合い
だと説明しています。

まずは、その間合いから基本稽古を繰り返して、間合いを掴んでもらいます。
自分の体の大きさ、筋力、竹刀の長さ、そして技術を総合して、ここなら一足で打突が
できるという感覚を養ってもらい、一足一刀の間合いから技を出すという意識を高めて
もらいます。

一足一刀と打ち間の違いを理解する

一足一刀の間合いが掴めたら、次は試合では相手も打とうとするし、打たれまいとする
ので、自分が動いただけでは一足一刀の間合いは取れないということを学んでもらいます。
さらに一足一刀の間合いから打ったとしても、相手に防御されることがあるということ、
または自分も相手の打突を防ぐことができるということを知ってもらいます。
一足一刀の間合いであれば、打てるわけではない、打たれるわけではないという認識を
持ってもらうのです。

それを理解してもらったら、次は一足一刀の間合いであり、その上で相手が打突を防ぐ
ことが難しい機会で打つという意識を高めてもらいます。
小学生には、一足一刀の間合いであり、その上で相手が打突を防ぐことが難しい機会
という条件が重なった間合いが打ち間であると説明しています。

相手が、技を打ちたいと思った時、技を受けたいと思った時、前後左右などに動きたい
と思った瞬間は隙が生じるので、自分の打突が相手に決まりやすくなると説明すると
小学生にもわかりやすいと思い、そう伝えています。

小学生には、打突の機会とは、自分が一足一刀で打突できる距離という要素と何らか
の動作をしよう思った瞬間という心理的な要素が合わさったものだということを頭と
体で理解してもらえるような練習方法で指導しています。

間合いを意識した小学生の変化

間合いを意識することがなかった小学生は、自分の打突が届くかどうかを考えずに試合
が始まるとただ打ちに行ってしまいます。
もしくは、相手が打ってくる瞬間が分らないので、見事に打たれたり、防戦一方になって
しまいます。

しかし、間合いを意識できるようになると、相手の動きに対して間合いを測るようになり、
簡単に打たれないようになります。
その上で、技が決まる可能性を感じさせる打突をする回数が増えます。

一足一刀の間合いであれば、打てるわけではない、打たれるわけではないという認識
を持つことによって、迂闊かつに打っていくことと無闇に相手の打突を怖がることが
減るので、動きに落ち着きが生まれ、その上で緊張感のある間合いのやり取りをできる
ようになります。
小学生でも、その子が理解できる言葉で間合いと機会について教えてあげると剣道が
変わるということを感じています。

打ち間や打つべき機会について、相手との距離という基準と相手が何を思った時かと
いう心理的な基準に分けて指導してあげると、子供でも1つずつしっかりと理解して
くれると感じています。

次の記事はこちら

守る技術と打突の機会|剣道と心理