アスリートで、一流選手と言われている人たちは一般的なレベルの選手に比べ、脳内で良い動きのイメージの獲得
しようとする働きが活発らしいのです。

良いイメージの獲得において、一流選手は体の動きやボールの動きなどの軌道をイメージすることができていて、
頭の中で軌道を描くということが自然と出来ているそうです。

 

一流選手は、自分が良いと思った体の動き、目に焼き付けておきたいボールの動きなどがあれば、その動きを獲得
するために脳のさまざまな部分を使って見ながらイメージを描くということを頭の中で行っているのに対して、
一般的なレベルの選手は、見るということだけに脳を使っているそうです。

さらに、一流選手は、良いプレーを見た時は脳が活性化して、その動きのイメージを獲得しようとしますが、失敗
したプレーを見た時には、驚くほど脳の働きは低下して、イメージを獲得しようとしないらしいのです。
無意識に、失敗のイメージを脳に定着させないようにしているようです。

 

今日、偶然ネットに配信されている動画を見たのですが、元プロ野球選手の石井一久さんも軌道や残像が大切だと
語っておられます。
テレビ番組では、あまり野球に関して深い発言をされていませんが、やはり一流選手なんだと頷ける貴重な発言を
されていました。

 

その動画がこちらです。

石井一久が激白「古田敦也は投げ辛かった」

 

 

実は、イップスになりやすい人は、軌道を描くという癖を持っていない場合が多いです。
そのため、イップスを改善したいという相談に来られた方には、必ず軌道を描くイメージ力を養うトレーニングを
お伝えしています。