アスリートが、メンタルトレーナーにサポートを依頼する際の費用について書きたいと思います。
まず、メンタルトレーナーとの契約には、いくつかの形があります。

 

契約方法
1.アドバイスやトレーニング指導を受けたいという時に必要な時に相談する形
2.定期的に相談、トレーニングを受けに行くという形
3.半年、1年というように期間を決めてサポート契約を結ぶ形

私は、上記のどのケースにも対応しており、一番ニーズが多いのは1のケースで、次に2のケース、最後に3のケースとなっています。

 

1のケースに関しては、情報を得たいだけという方もおられますし、相談に来たけど自分が求めていたものと違っていたので、継続しなかったという方もおられると思います。
中には、トレーニング指導をさせて頂いて、かなり時間が経ってから指導してもらったことを続けたら結果が出たと言って下さる方もおられるので、嬉しく思うとともに1人で継続したその方の自己成長力の高さを感じます。

 

2のケースに関しては、一般的にはアスリート個人がメンタルトレーナーを活用していただく際には適しています。
メンタル強化に掛けることができる予算は人によって違うので、月に1回なのか、2回なのか人によってペースを決めて取り組んでいただければと思っています。

1人でも出来るトレーニング方法の指導はしますので、メンタルトレーナーのところに来た時だけでなく、自分でもトレーニングを継続してもらう必要があるので、それが出来ていれば月に何回もトレーニングの指導を受けに通う必要はありません。

3のケースの関しては、個人のアスリート、チームとの専属契約となります。
担当しているチーム、アスリートと同じ競技やカテゴリー、競っている人と専属契約を結ぶことはありません。
専属でサポートさせて頂く方のために、その方に適した方法を考えサポートさせて頂きます。
場所に関しても、契約しているアスリートやチームの指定場所に出向くことも可能です。
また、試合への帯同も行っています。

 

メンタルサポートの料金

上記の契約の形の1、2のケースなら、相談に来られた時の実費のみ必要となります。
継続して通われる方に関しては、どのくらいのペースで通われるかによって一月に掛かる費用も違ってきます。

ちなみに、私の場合60分 10000円(税込)となっています。

3の専属契約に関しては、ご契約前にお話を聴いてサポート内容、条件などを決めて、それによって違いが出てきます。
また、専属契約に関しては、一度に契約できる件数に限りがあるので、現在の契約数によってご依頼をお受けでき無い場合もあります。

メンタルトレーニングを求めておられる方は、上記のことを参考にしていただければと思います。

 

書籍紹介
サポートしているアスリートに実際に伝えていることをまとめた書籍です。
オリンピック出場、世界大会出場、日本一、日本代表選出、インターハイや全国大会入賞などの成果を出している選手達も実践していることが書かれています。
実力を発揮するためのスポーツメンタル実践法
メンタルノート
競技生活はもちろん、引退後のキャリアにも必要となる心の力を身に着けることができるノート。
練習日誌として使うことで目的設定、習慣確立、自己洞察などの力が身につく仕組みになっています。

================================================

 

スポーツコーチング、メンタルトレーニングの依頼

トップページに戻る    メンタルサポートの方法

instagramでスポーツ心理の知識、メンタルトレーニングの方法について情報を配信中

メンタルトレーナー衣川竜也のinstagram

 

アスリートの活動を支えるアイテム

 

アスリートのキャリア構築をサポートする取り組み

ホームページ
アスリートのキャリア構築を支援するサイト
オンラインサロン
アスリート向けオンラインサロン