アスリートで、一流選手と言われている人たちは一般的なレベルの選手に比べ、脳内で良い動きのイメージの獲得しようとする働きが活発らしいのです。

良いイメージの獲得において、一流選手は体の動きやボールの動きなどの軌道をイメージすることができていて、頭の中で軌道を描くということが自然と出来ているそうです。

 

一流選手は、自分が良いと思った体の動き、目に焼き付けておきたいボールの動きなどがあれば、その動きを獲得するために脳のさまざまな部分を使って見ながらイメージを描くということを頭の中で行っているのに対して、一般的なレベルの選手は、見るということだけに脳を使っているそうです。

さらに、一流選手は、良いプレーを見た時は脳が活性化して、その動きのイメージを獲得しようとしますが、失敗したプレーを見た時には、驚くほど脳の働きは低下して、イメージを獲得しようとしないらしいのです。無意識に、失敗のイメージを脳に定着させないようにしているようです。

 

今日、偶然ネットに配信されている動画を見たのですが、元プロ野球選手の石井一久さんも軌道や残像が大切だと語っておられます。
テレビ番組では、あまり野球に関して深い発言をされていませんが、やはり一流選手なんだと頷ける貴重な発言をされていました。

実は、イップスになりやすい人は、軌道を描くという癖を持っていない場合が多いです。
そのため、イップスを改善したいという相談に来られた方には、必ず軌道を描くイメージ力を養うトレーニングをお伝えしています。

書籍紹介
サポートしているアスリートに実際に伝えていることをまとめた書籍です。
オリンピック出場、世界大会出場、日本一、日本代表選出、インターハイや全国大会入賞などの成果を出している選手達も実践していることが書かれています。
実力を発揮するためのスポーツメンタル実践法
メンタルノート
競技生活はもちろん、引退後のキャリアにも必要となる心の力を身に着けることができるノート。
練習日誌として使うことで目的設定、習慣確立、自己洞察などの力が身につく仕組みになっています。

================================================

 

スポーツコーチング、メンタルトレーニングの依頼

トップページに戻る    メンタルサポートの方法

instagramでスポーツ心理の知識、メンタルトレーニングの方法について情報を配信中

メンタルトレーナー衣川竜也のinstagram

 

アスリートの活動を支えるアイテム

 

アスリートのキャリア構築をサポートする取り組み

ホームページ
アスリートのキャリア構築を支援するサイト
オンラインサロン
アスリート向けオンラインサロン