目的達成のための自己管理

競技生活を送るということは、その年のリーグ戦制覇、毎年行われる大きな大会、
数年に1回行われる世界規模の大会への出場やメダル獲得などを目的として掲げて
取り組むことになりますが、その目的達成は長期的な取り組みとなります。

1日1日を、目的達成のために何をすべきか、何をしないべきかを考えて心技体
を磨き、挑戦することが求められます。
しかし、人間はさまざまな欲求を持っているので目的達成のためにすべきことが
中断されてしまうことがあります。

自己管理とは、すべきことが中断されないように、自分の欲求と上手く付き合って
目的達成のために必要な習慣を確立していくことです。

自己管理は欲求のコントロールが鍵

設定する目的によっては、トレーニングに割くべき時間が増えたり、食事、睡眠
などの管理も明確に行う必要が出てくるため、生活の中のさまざまな欲求にも
打ち勝たなければなりません。
それは、習慣の確立が容易ではないということでもあります。

競技生活の中で高い目的を設定することは、より高度な欲求のコントロールが
必要になるということであり、その中で真摯に目的達成に取り組むということは、
人格的な成長を促進することにもなります。

競技生活は、目的達成のために自分を律して取り組まなければならない生活で
あることを、誰もが容易に想像できるからこそ、結果を残してきたアスリート
は人格的にも優れた人だろうというイメージを持たれやすいのかもしれません。

しかし、環境だけが人格の成長を促進するのではなく、自己管理によって目的
の達成につながる習慣を確立するからこそ人格的成長が進むのであり、自己管理
ができるアスリートは人格的に優れた点も多いと言えるのではないかと思います。

自己管理が難しい理由

欲求のコントロールは自己管理を行う上で必要ですが、そもそも欲求をコント
ロールすることは簡単ではありません。
そのため、アスリートにとって目的を達成するために自己管理を続けることは
難しいことであると言えます。

競技生活は、目的達成のために努力を習慣化していく必要があり、世界大会
や全国大会はもちろん、それよりも小規模な大会であっても結果を残すため
にはそれなりの努力の習慣化が必要になります。

そういう点で競技生活は、努力ができる習慣を身に着けることができる環境
であるとは言えますが、人間は、食欲や性欲、睡眠欲などの一次的欲求や
楽しみを求めたり、自由でありたいなどの二次的欲求を持っていて、それら
の欲求が行動として現れることで努力の継続を断ってしまうことがあります。

例えば、繊細な体重のコントロールが求められる競技で、食事の管理を怠り
過度に食事を取ってしまったり、異性と会う時間を持つことが練習時間や
睡眠時間を減らしてしまうことがあります。
他には、普段からさまざまなことを我慢して競技に取り組んでいる反動で、
息抜きと思って行った遊びにはまってしまい依存的になるということも努力
の継続に支障をきたしてしまいます。

競技生活のストレスが欲求のコントロールを難しくする

人間の欲は、生きるために必要だからこそ備わっているのですが、他の動物に
比べて人間は欲求に対するリミッターが壊れていると言われています。

必要以上の量や質の食べ物を求めたり、子孫を残すという目的以外で性交渉
を求めるのも人間だけです。
また、二次的欲求という自尊心を補ったり、娯楽を求める欲求にも限りがあり
ません。

欲求を満たすことは生きるための手段ですが、人間に生命の危機を感じさせる
のがストレスです。
我慢や葛藤が伴う競技生活だからこそ、抱えるストレスも大きく慢性的になり
やすいため、欲求を満たしてストレスを和らげたいと思うことも自然なこと
なのです。

競技生活は、目的達成のための質の高い習慣を確立する必要がある半面、競技
生活だからこそ感じるストレスもあり、強い欲求が生じる環境でもあることが
自己管理が難しい理由なのです。

競技生活の自己管理はセカンドキャリアにも活かされる

スポーツをしていない人でも、何となく競技生活は精神的にも大変だと感じて
いるからこそ、努力を継続して目的を達成するアスリートの姿に感動するし、
尊敬の念も生まれるのだと思います。
そして、目的が達成できるということは、人格的にも成熟しているという期待
も生まれ、無意識にアスリートには人格的に優れていることを求めるのだと
思います。

しかし、実際は目的達成のために取り組む中で生まれるストレスを和らげる
ために健康を害したり、法律を犯す形の欲求充足の手段をとってしまう人が
いたり、引退後に偏った欲求充足の方法にはまり依存症となっていく人も
いるのが現実です。

そういった事例からは、アスリートとして競技生活を送ることが自動的に人格
の成長を促してくれる側面があり、成長のための習慣を維持することを妨げる
要因もあるということをアスリートの方には知っておいて頂きたいと思います。

自己管理は難しいものですが、競技生活の中で目的達成のための我慢とストレス
の発散の適度なバランスの取り方を学ぶことは、競技生活だけでなく、セカンド
キャリアにも活かされます。

アスリートの競技生活は、競技レベルが高いほど期待や注目度も高まるため、
ストレスへの対処、欲求のコントロールをしつつ、目的を達成するための習慣
を確立していかなければなりませんが、その経験はセカンドキャリアを確立して
いく際にも必要なことなので、バランスの取れた自己管理法を身に着けて欲しい
と思います。

スポーツメンタルの知識一覧

 

===============================================
【メールマガジンを配信しています】
メールマガジンでは、メンタル強化、緊張やイップスへの対策など
実際のコーチングでお話しするような内容を配信しています。
メンタルの知識が欲しいという方は、登録お願いします。

登録してもメールが届かないという方は、お問合せ下さい。

===============================================